男性脱毛症(AGA)

男性脱毛症(AGA)の原因は

男性脱毛症は、皮膚内で毛髪を作り出す「毛包(もうほう)」が十分に成長せず、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまうために抜け毛・薄毛が進行していきます。何もせずにほうっておくと髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。脱毛部分にはDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが高濃度にみられ、これが原因物質と考えられています。

フィナステリド(またはデュタステリド)とミノキシジルの併用治療

現在、医薬品として効能・効果が認められている薬は、テストステロンを抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)に変化させる酵素を阻害するフィナステリドやデュタステリド、毛根の毛細血管を拡張して血流を増加させるミノキシジルなどがあり、効果がみられるまでは、6ヵ月程度の継続的な治療が推奨されています。当クリニックでは、ミノキシジル(錠剤)とフィナステリド(錠剤)またはデュタステリド(錠剤)による2種類の併用治療を行っており、多くの患者様が効果を実感されています。

フィナステリドとは

フィナステリドは、先発品プロペシアのジェネリック薬でテストステロンからAGA(男性型脱毛症)の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)へ変換させる5α還元酵素II型を阻害し、男性型脱毛の進行を遅らせたり、改善したりする作用があります。

副作用

リビドー減退 、勃起機能不全、肝機能障害など


デュタステリドとは

デュタステリドは、先発品ザガーロのジェネリック薬でテストステロンからAGA(男性型脱毛症)の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)へ変換させる5α還元酵素I型とII型を阻害し、男性型脱毛の進行を遅らせたり、改善したりする作用があります。

副作用

リビドー減退 、勃起機能不全、肝機能障害など


フィナステリドとディタステリドの違い

5α還元酵素はI型とII型の2種類があり、フィナステリドはII型のみを、デュタステリドはI・II型両方を阻害する点で異なっています。フィナステリドを継続的に服用していても効果がみられない方がデュタステリドに変更して効果がみられる場合があります。

ミノキシジルとは

ミノキシジルは、血管を拡張して血流を改善することで育毛を促進します。薬局で販売されている育毛剤の中にもミノキシジルを主成分としたものがありますが、育毛剤の場合、頭皮に塗布した後、乾燥するのを待つ必要がありますが、錠剤は毎日、決まった時間に服用するだけです。ミノキシジルは日本で認可されていないため、医師が海外から輸入して処方しています。インターネットで購入された方で、重症のむくみが出る方もおりますので、ご自身の判断ではなく医師とご相談してから服用を始めてください。

副作用

むくみ、ほてり、めまい

料金

ミノキシジル(錠剤) 6,600円(税込)
フィナステリド(錠剤) 4,950円〜
デュタステリド(錠剤) 6,600円〜

女性脱毛症

女性脱毛症の原因は

抜け毛や髪のトラブルでお悩みなのは男性だけではありません。女性も加齢によって脱毛・薄毛の悩みをお持ちの方が10人に1人はいるといわれています。女性の場合はホルモンの関係で全体的な薄毛となり、髪のボリュームがなくなったり、分け目が目立つことが多いです。加齢だけではなく、過度なダイエットによる栄養不足、生活習慣の偏りやストレス、妊娠・出産など脱毛につながるホルモンバランスの乱れの原因は日常の中で数多く見うけられます。

治療

ミノキシジル(錠剤)とルクゼバイブによる治療を行っております。ミノキシジルは、毛根に栄養を送っている毛細血管を拡げて血流を改善します。ルクゼバイブは、ビタミン、ケラチン、プラセンタなど髪に有効な栄養素が含まれています。
ミノキシジルとサプリメントを併用することで、有効成分が効果的に髪に届き髪の質や量を改善します。
髪は女性のシンボルでもあります。つややかで美しい髪をいつまでも維持したいものです。

ミノキシジルとは

ミノキシジルは、血管を拡張して血流を改善することで育毛を促進します。薬局で販売されている育毛剤の中にもミノキシジルを主成分としたものがありますが、育毛剤の場合、頭皮に塗布した後、乾燥するのを待つ必要がありますが、錠剤は毎日、決まった時間に服用するだけです。ミノキシジルは日本で認可されていないため、医師が海外から輸入して処方しています。インターネットで購入された方で、重症のむくみが出る方もおりますので、ご自身の判断ではなく医師とご相談してから服用を始めてください。

副作用

むくみ、ほてり、めまい

ルクゼバイブとは

ルグゼバイブは、ビタミン、ケラチン、馬プラセンタなど髪に有効な成分を配合した女性用の薄毛治療薬です。馬プラセンタに含まれる成長因子により毛母細胞を活性化させ、髪の毛にコシやハリがでる効果が期待できます。

有効成分

  • ビタミンB1(60mg)
  • パントテン酸カルシウム(60mg)
  • 薬用酵母(100mg)
  • L-シスチン(20mg)
  • ケラチン(20mg)
  • 馬プラセンタ(667mg)

料金

ミノキシジル(錠剤) 6,600円(税込)
ルクゼバイブ(カプセル) 11,000円(税込)

ED(Erectile Dysfunction)

ED(Erectile Dysfunction)とは、日本語で勃起障害、勃起不全のことで、勃起が不十分なために、性行為に支障があることをいいます。
EDは、ストレスなどの精神的な要因、糖尿病、高血圧症などの生活習慣病、肥満・運動不足・喫煙などの生活習慣が原因です。

性的刺激によって、陰茎海綿体の動脈が拡張して血液が海綿体に流れ込むと、海綿体が膨張して硬くなり、勃起した状態となります。しかし、糖尿病、高血圧症などで動脈硬化を発症し、海綿体への血流が減少したり、精神的な要因で神経の機能に支障があると勃起が不十分となります。

治療

男性が性的刺激を受けると、陰茎の血管から一酸化窒素が分泌され、cGMPという血管拡張物質が増加します。このcGMPの作用によって陰茎周辺部の血管が拡張して海綿体に血液が流れ込んで陰茎は勃起します。

ホスホジエステラーゼ5(PDE5) という酵素はcGMPを分解するため、勃起を維持するためにはPDE5を減らす必要があります。PDE5の作用を阻害する薬がホスホジエステラーゼ5(PDE5) 阻害薬といい日本ではシルデナフィル,バルデナフィル,タダラフィルの3薬剤が認可されています。

シルデナフィルとは

日本で初めてED治療薬として発売されたバイアグラのジェネリック薬です。効果持続時間は5時間程度。食事の直後に服用すると効果が低下することがありますので、空腹の状態で性行為の1時間前に服用してください。

副作用

ほてり、高血圧、動悸、胸痛、頭痛、めまい

服用できない方

重度肝障害、低血圧、6か月以内の脳梗塞・脳出血歴、心筋梗塞歴、網膜色素変性症
心血管系障害を有し性行為不適当

タダラフィルとは

2007年に日本で発売されたED治療薬シアリスのジェネリック薬で、服用後36時間にわたって効果が持続すること、食事の影響を受けないことが特徴です。

副作用

過敏症、消化不良、背部痛、筋肉痛、ほてり、高血圧、動悸、胸痛、頭痛、めまい

服用できない方

不安定狭心症、コントロール不良の不整脈、低血圧、コントロール不良の高血圧、6か月以内の脳梗塞・脳出血歴、3か月以内の心筋梗塞歴、重度肝障害、心血管系障害を有し性行為不適当

料金

シルデナフィル25mg(バイアグラのジェネリック) 715円(税込)
シルデナフィル50mg(バイアグラのジェネリック) 1回半錠で2回使用可 990円(税込)
タダラフィル10mg(シアリスのジェネリック) 990円(税込)
タダラフィル20mg(シアリスのジェネリック) 1,320円(税込)

男性更年期障害(LOH症候群)

女性だけではない「更年期障害」

最近、何事にもやる気が出ない、疲れやすい…。
実は、年齢のせいではなく「ホルモンの低下」が原因かもしれません。このような男性ホルモンの低下で起きる症状を、LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群) と呼びます。


原因

血液中に性ホルモン(男性ホルモン)が徐々に低下していくことによって起こります。もともと男性は女性と比べると性ホルモンの減少が緩やかであり、その分体に出る症状も比較的軽いことが多いです。

しかし、近年は30~50代の働き盛りの男性が急激な性ホルモン低下により更年期障害を発症するケースが相次いでいます。主な原因はストレス、生活環境の急激な変化、ビタミン不足などといわれていますが、詳細については解明されていません。


症状

人によって症状は千差万別ですが、体の症状、心の症状、性の症状の3つが組み合わさることが多いです。

体の症状では筋力の低下、それに伴う疲労感などが現れます。もともと性ホルモンは男らしい体つきを形成するものであり、これが減少すると体から男性性が失われていきます。骨粗鬆症や記憶力の低下、体のほてりなども主たる症状の一つです。

心の症状としては抑うつ状態や集中力の低下などが上げられます。性ホルモンは負の感情を抑制し、精神を健康に保つ効果がありますが、これが減少するとマイナス思考になり、何事に対しても意欲が失われていきます。今まで熱心に打ち込んでいた仕事に対する熱意が急激に失われた場合などは注意が必要です。

性の症状はEDが顕著です。性欲も減退し、性生活が貧困状態に陥ります。


検査と治療

血液検査で「男性ホルモン」を調べ、医師がホルモン剤の投与が必要と判断した場合は、2-4週間ごとに男性ホルモンを注射します。定期的な通院が難しい場合は、「DHEA」というホルモン剤のカプセルを処方します。


男性ホルモン検査 保険診療
男性ホルモン注射 保険診療
DHEA (1か月分) 4,950円~

セルフチェック

各問診の点数を書き出し、全ての項目の合計点数で評価します。点数と重症度は以下のようになっております。

□ 総合的に調子が思わしくない
□ 関節や筋肉の痛み
□ ひどい発汗
□ 睡眠の悩み
□ よく眠くなる、しばしば疲れを感じる
□ いらいらする
□ 神経質になった
□ 不安感
□ 体の疲労や行動力の減退
□ 筋力の低下
□ 憂うつな気分
□ 絶頂期は過ぎたと感じる
□ 力尽きた、どん底にいると感じる
□ ひげの伸びが遅くなった
□ 性的能力の衰え
□ 早朝勃起(朝立ち)の回数の減少
□ 性欲の低下

<合計点数>