ワクチン説明

ワクチンには、各地で流行している様々な疾病に対して様々な種類があります。例えば、蚊が媒介する代表的な疾患に、日本脳炎、マラリア、黄熱などがあります。日本脳炎、黄熱の流行地域へ渡航される方は、渡航前に予防接種の実施をお勧めしております。また、マラリアに対しては有効なワクチンがなく、予防内服となります。熱帯アフリカや中南米など、入国の際に黄熱の予防接種証明書を要求される国もあり、対応は国によってまちまちで変更もあります。事前に旅行会社や大使館に確認してください。

ワクチンの種類

予防接種の種類によっては、数回(2〜3回)接種する必要のあるものもあります。海外に渡航する予定がある場合には、なるべく早く(できるだけ出発3カ月以上前から)、医療機関や検疫所で接種するワクチンの種類と接種日程の相談をしてください。

病名 症状など
破傷風 破傷風菌は世界中の土壌の至る所に存在し、日本でも毎年患者が発生しています。破傷風は土や泥に触れた傷口から感染するので、冒険旅行などで怪我をする可能性の高い人に推奨しているワクチンです。特に途上国ではけがをしやすく、発症すると命にかかわることもあるので、接種を検討してください。
破傷風ワクチンは1968年(昭和43年)から始まった3種混合ワクチン(ジフテリア、破傷風、百日咳)に含まれていますので、定期予防接種を受けている方は20代前半までは免疫がありますので接種不要です。その後は、1回の追加接種で10年間有効な目根きがつきます。
A型肝炎 A型肝炎は食べ物から感染するウイルス性の病気で、アジア、アフリカ、中南米に広く存在します。途上国に一カ月以上滞在する方におすすめするワクチンです。特に60歳以下の人は抗体保有率が低いため、接種をおすすめします。ワクチンは2~4週間隔で2回接種します。6か月以上滞在するのであれば6か月目にもう1回接種すると約5年間効果が続くとされています。
狂犬病 狂犬病は、発病すれば治療方法がなく、ほぼ100%が死亡する病気です。犬だけでなくキツネやアライグマ、コウモリなどの動物に咬まれることによって感染する危険性が高く、長期滞在、研究者などの動物と直接接触し感染の機会の多い場合や、奥地・秘境探索などを目的とした方に推奨するワクチンです。
ワクチンは4週間隔で2回接種し、さらに6か月から12か月後に3回目を接種します。3回のワクチン接種後、6か月以内に咬まれた場合には0日(咬まれた日)、3日の2回の接種が必要です。また、6か月経過後に咬まれた場合には0日、3日、7日、14日、30日、90日の6回のワクチン接種が必要です。
日本脳炎 日本脳炎は、日本脳炎ウイルスを保有する蚊に刺されることによって起こる重篤な急性脳炎で、死亡率が高く、後遺症を残すことも多い病気です。
流行地(東アジア、南アジア、東南アジア)へ行く人におすすめするワクチンです。ワクチンは1~4週間間隔で2回接種し、1年後追加接種を1回します(基礎免疫が完了)。基礎免疫の完了後は、1回の接種で4~5年間有効な免疫がつきます。
B型肝炎 輸血などの血液を介した感染が過去に問題とされていましたが、現在ではB型肝炎の母親から生まれる新生児期を中心とした感染と、思春期以降の性行為(唾液や体液の濃厚接触)を通じた感染の2つが主な原因となっています。海外で医学的な治療や歯科治療などの、血液に触れるリスクがある方には特にお勧めです。また、留学の際に接種の要求や証明を求められる場合もございます。
ワクチンは4週間間隔で2回接種し、さらに、20~24週間後に1回接種します。
ポリオ
(急性灰白髄炎)
ポリオはポリオウイルスによって、急性の麻痺が起こる病気です。
ポリオが流行している南アジアやアフリカなどの国を渡航する人は追加接種の検討をお勧めします。WHOでは、患者が発生している国に渡航する場合には、以前にポリオの予防接種を受けていても、渡航前に追加の接種をすすめています。特に、1975年(昭和50年)から1977年(昭和52年)生まれの人は、ポリオに対する免疫が低いため海外に渡航する場合は流行国であるかを問わず、追加接種を検討していただくとより安全な旅となります。
黄熱 黄熱は黄熱に感染した蚊に刺されることで感染するウイルス性の感染症で、アフリカおよび南アメリカの熱帯に常在します。流行時や免疫を持たない渡航者などでは致死率が60%以上にもなることもあります。該当する地域に渡航する方にはおすすめするワクチンです。入国条件として国際予防接種証明書の提示を要求する国もありますので、検疫所で確認して下さい。黄熱予防接種証明書は接種後10日目から10年間有効です。
ジフテリア ジフテリアは、患者の咳やくしゃみなどの飛沫を介して、人から人に感染します。
1−10日の潜伏期間の後、発熱、のどの痛み、倦怠感等の症状が現れます。ロシア、東ヨーロッパに長期滞在する方におすすめするワクチンです。
日本では予防接種法での3種混合ワクチン(破傷風・ジフテリア・百日咳)に含まれていますので、12歳の時に定期の予防接種で受けていれば、20歳代前半くらいまでは免疫があります。
麻しん 麻疹は「はしか」とも呼ばれる麻疹ウイルスによる感染症です。患者の咳やくしゃみからの飛沫感染や感染者に接触することによる接触感染があります。麻疹は世界中で流行しており、麻しんにかかったことがなく、予防接種を受けたことがない方、また予防接種を受けたかどうかわからないという方は、海外渡航前に麻しん予防接種(あるいは、麻しん風しん混合ワクチン)を受けることをおすすめします。