点滴・栄養療法

高濃度ビタミンC

ビタミンCにはコラーゲン合成、抗ウイルス作用をはじめとして多くの働きがあり、レモンなどに含まれていることは皆様もご存知と思います。
しかし水溶性ビタミンのため、ビタミン剤を飲むなど一度に大量に摂取しても大部分は尿から排出されてしまいます。高濃度ビタミンCを静脈注射で直接血液に注入することで、ビタミンC本来のはたらきをより強く、効果的に得ることが期待できます。

高濃度ビタミンC点滴療法とは

2005年、アメリカの公的機関・国立衛生研究所(NIH)の科学者が「高濃度ビタミンC点滴療法は、ガン細胞に対してだけ選択的に毒性として働く」と発表しました。ビタミンCはもともと人体に必要な栄養ですから副作用がほとんどなく、抗ウイルス・ガン予防・抗ガン・アンチエイジングなどの作用が認められ、2006年よりアメリカで急速に広まった治療法です。 高濃度ビタミンC点滴療法は、サプリメントや内服薬では絶対に摂ることのできない大量のビタミンCを血液中に直接投与することで血中濃度を急激に上げ、がん治療の分野だけでなく、美肌・美白・アンチエイジングなどの美容効果や、疾患予防・改善、身体機能の改善の効果を得ることができます。 副作用は少なく安全ですが、進行した心不全・腎不全、人工透析中、先天性G6PD欠損症の方は高濃度ビタミンC点滴療法を行うことができません。

このような方におすすめ

  • ガンなどの悪性疾患に対する補助療法に
    ➡手術・放射線などの標準治療の効果増大や副作用をやわらげます
  • 疲れ・だるい、やる気が出ないなどの慢性疲労症候群に
    ➡体調を整え、疲労の回復を早めます。
  • 風邪の引きかけ、風邪をひきやすいに
    ➡免疫機能を向上させ、回復力・免疫力をアップさせます。
  • シミ・くすみの改善、しわ・たるみなどのお肌のトラブルや予防に
    ➡抗酸化作用によって身体の内側からお肌を美しくします。

G6PD検査

G6PD異常症スクリーニング検査とは、赤血球膜G6PD活性の測定をするものです。
G6PD異常症というのは、伴性劣性遺伝を示す家族性溶血性貧血で、アフリカ黒人を中心に世界で数億人いると推測されています。
日本では約30年前に厚労省が行なった調査で約200例のG6PD異常症の報告があり、その後の調査では0.1〜0.5%との報告がなされています。

G6PD異常症は、25g以上の高濃度ビタミンC点滴で溶血性貧血発作の危険があるので、事前に検査が必要になります。

治療について

検査と診察

初回は、ビタミンC15gの点滴と血液検査・G6PD検査を行います。

高濃度ビタミンC療法

2回目以降は、血中ビタミンC濃度を調べながら、適切なビタミンCの量を決めて点滴を行います。