常備薬

海外で具合が悪くなったとき、ちょっとした頭痛薬や胃薬でも名前の違いや言葉の違いなどで、購入までにとても労力や時間を要します。薬にアレルギーのある方は手に入っても成分表示を確認するのにも苦労します。健康な方でも、慣れない食事や合わない水でおなかを壊したりする可能性も少なくありません。
海外旅行先での頭痛や腹痛、風邪を引いたときに、風邪を引いたときに、日本で処方された内容成分もきちんとわかるお薬が手元にあると安心です。

常備薬の種類

身体部位 症状
かぜ薬セット ちょっとした風邪や痛みどめとしてお使い下さい。市販のかぜ薬と違い、患者さまひとりひとりの体質に最適な処方を行います。
胃薬セット 食文化の違いは知らず知らずのうちに胃に負担をかけていることもあります。胃腸薬・整腸剤があると安心です。
食あたり・下痢止めセット 下痢止めセット 食あたり・水あたりも旅行先によってはおおいにありうる事態です。
お腹をこわしたあとは水分の補給を心がけましょう。
睡眠薬 (時差対策・不眠時) 飛行機の中や移動中は睡眠を取りにくく、時差ぼけによって生活リズムが乱れるとビジネスには死活問題です。充分な睡眠を確保しましょう。
高山病予防薬 ダイアモックスという脳の血管を拡張し、高地での低酸素状態を改善する薬を処方します。軽度の高山病や予防に有効です。