プロペシア

男性脱毛症は、皮膚内で毛髪を作り出す「毛包(もうほう)」が十分に成長せず、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまうために抜け毛・薄毛が進行していきます。何もせずにほうっておくと髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。すべての細胞は誕生と死滅を繰り返しますが、このサイクルが乱れた毛根は、生え変わる前に抜け落ちてしまうため頭髪全体ではサイクルが短くなり、脱毛する髪の方が多くなってしまうのです。治療効果を高めるためにミノキシジルとDHT(ジヒドロテストステロン)へ直接作用するプロペシアを併用し、ヘアサイクルを整え長期的にケアを行うことが効果的です。

AGA(男性型脱毛症)とは?

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」という意味です。AGAの脱毛部にはテストステロンという男性ホルモンが変化したDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれるホルモンが高濃度にみられ、毛を細くしたり抜けやすくする原因と考えられています。

プロペシアによる治療

プロペシアは1998年に米国で販売され、日本では2005年末に認可され医薬品として販売されております。治療法としては比較的まだ新しい方ですが、テレビや様々なメディアにも取り上げられ、日本国内にも急激に認知されております。女性のみならず、男性にとっても髪のケアは大切です。「最近髪の毛が薄くなった」「女子社員の視線が気になってきた」など、女性以上に気になってしまう男性もいらっしゃるかと思います。抜け毛・脱毛のお悩みや頭皮に関するご相談などございましたら、お気軽に当クリニックまでご来院ください。