ミノキシジル

ミノキシジルはもともと血圧降下剤として米国で開発されました。しかし、副作用として全身の多毛症(Hypertrichosis)が頻繁に発生するため 頭皮に対する発毛の薬としての開発がすすめられ、多くの臨床試験の結果、脱毛症に有効と発表され、製剤として発売されております。ミノキシジルを投与することによって頭皮の血管が拡張され、血行を促進させることによって発毛に必要な栄養素を毛母細胞に多く送り込み発毛力を高め、毛根の再生につなげます。

プロペシアとの併用でさらに効果的です

ミノキシジルは毛根の血流を増やし薄毛を改善しますが、男性脱毛症(AGA)の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンには作用しません。治療効果を高めるためにミノキシジルとDHT(ジヒドロテストステロン)へ直接作用するプロペシアを併用し、ヘアサイクルを整え長期的にケアを行うことが効果的です。